放置していた参考書「English Grammar in Use」を引っ張り出す

English Grammar in Use

昔買って本棚で誇りをかぶっていた参考書「English Grammar in Use」。
今なら普通に使えそうな気分になったので本棚から引っ張り出してきて、手元においています。
なんで使おうという気分になったかというと英語で日記を書いていて、自分が表現したいものが英語で言えずモンモンとしたからだと思います。要は必要に迫られてたからです。

この参考書を買ったときから、これはいい本だなというのはわかっていて、本屋でも英語の学習書コーナーを覗いたときは時々手に取ったりしていたんですが、いくら良い本でもやる気がないときは駄目なんですよね。

「English Grammar in Use」は英語で英語の解説がしてあるんですが、この本の中で解説に使われている単語は簡単なものなのでその解説の英語が難しいということは全然ないです。むしろ英語で説明してからこそ内容が頭に入りやすいんだと思います。「English Grammar in Use」の中の説明で使われているような、できるだけ簡単でシンプルな英語の表現は僕の目標とする英語に近いです。

English Grammar in Use With Answers: Reference and Practice for Intermediate Students


コメントを残す