英語の発音とかリスニングとか

英語を教えてもらっている人から言われたんだけど、テキストの英語を聞く時はできるだけけ、テキストから目を話して相手の口の動きに集中する方が力が付くとのこと。テキストの英語を読む時も、テキストをずっと目で追うんじゃなくて、できるだけテキストから目を話すほうがいいとのこと。テキストを目でずっと追っていると、視覚に集中して、聴力に集中しきってないみたい。

 

このアドバイスを聞いてから、お手本の英語を読んでくれている時など、相手の口の動きに注目して、発音するときも、できるだけテキストの内容を頭に入れて、テキストから目を話して発音するようになったけど、これは確かに効果がある。自然と聴力に集中するし、短いセンテンスを頭に一時的に保存する訓練になる。こうやって少しずつ負荷を増やすていくと着実に上達していくのがわかるから面白い。


コメントを残す